【事例】蕎麦屋のメニュー翻訳と英語でのストーリーライティング

もう2年くらい前のことですが、熱海にある蕎麦屋さんのメニュー翻訳をしました。

P018587469_480.jpg

住所:静岡県熱海市銀座町10-21

交通:熱海駅徒歩12分

営業時間;11:00~15:30

夜:金・土のみ17:30~21:00

定休日:水曜日

電話:0557-86-1058

ホームページ:http://www4.i-younet.ne.jp/~k-harbor/index.html

翻訳したメニュー及び英語版のストーリー。

soba

先日も地元の商工会で勉強会を実施しましたが、お客さんの層によっては求める情報が異なります。意外と日本からでも中国からの方がたくさんいる事は周知の事実です。それに多くの中国の方は「購買意欲が高い」と思われがちですが、欧米圏また一見華僑の国と思われがちな香港やシンガポールなど英国の影響を強く受けている国々の人は「文化や歴史の情報」または「体験」を求めています。何か「学び」がないと、旅行は成り立たないのです。ここは「バカンスを楽しむ」「羽を伸ばす」という考えを持つ多くの日本人とは異なる点かもしれません。

利休庵さんは店内にジャズが流れていたり、ちょっとオシャレなサラダなども提供していますが、厨房の中などは純日本食とも言えるような雰囲気のお店です。そんな中で店長さんは「蕎麦前文化」という文化についての説明文を入れています。蕎麦前文化は省略すると「昼夜問わず、蕎麦屋にふらりと入って一杯の酒と蕎麦を楽しむ」という文化だそうです。

日本の文化は「敷居が高く」映る

日本の文化はときに敷居が高く映ることがあります。これは「行ってみたい」という動機にもなりますが、いざ到達してみると、レストランやお店、はたまたは道端でもどう振る舞ったらいいかわからないという状況に陥り兼ねません。そして、日本の方の無言の視線をプレッシャーと感じる方も少なくはないと思います。。。(これはうちに来た人の本音を聞いたところです。) もし、ルールがあれば利休庵さんのように店の雰囲気や流儀を教えるピクトグラムやちょっとした説明などがあると面白いのかもしれませんね。

以上

 

 

Advertisements

メモ:ランダム

どなたかと、組織や社会について話していた時の対訳の一部です。(多分、ビジネスか何かについて話していたのかもしれません)

とある事象については直訳するよりもやはり、相互の言語の「時流」にある程度乗っとった上での対訳表をつくるのが一番良いのかもしれません。

組織や社会に関する答えたとその対訳例:

属する be associated with

敵にまわす to disagree

貫く preserver

対立する to have an opposing opinion

根底 the root (or root cause)

名誉 honor

着目する put attention to (rather than “focus on…”)

哲学 philosophy

倫理学 the “study” of ethics  (more like a discussion)

本質 true nature

間柄  relationship

【Wafoo いんぐりっしゅ】 エステ・マッサージ業向け勉強会 メモ書き

先日は熱海エリアの針鍼灸の専門学校の学生さん向けに勉強会を行いました。元々、私を日本語と英語の世界に導くきっかけとなった翻訳者の方も元は針鍼灸師。なんか巡りに巡って縁が回ってきたような気がします。

私の場合、「縁」はat randomに来る傾向がありますが、それは「縁」という概念についての話を別の時に話せればと思っております。

man lying on bed
Photo by rawpixel.com on Pexels.com

新しいタイプの方々に会うと新しい言葉がでてきます。今回は次のような用語がでてきました。

Not at all とんでもない・めっそうもありません
Of course! もちろんよ・あたぼうよ

さすが、接客業。お客様との距離の取り方について質問をいただきました。

What do you do ? なにしてるの?
I practice accupunture . わたしは針灸(アキュパンクチャー)を営んでいる。
I am practicing accupuncture. わたしは針灸(アキュパンクチャー)を営んでいる。

※practice = 「練習する」以外にも「(医療行為などを)営む」という意味があります。例文としては I practice medicine, I practice homeopathy, I practice aromatherapy, I practice surgeryなど。 「医者なのに練習かよ!!!」と心配になることもありますが、どんな方でも学びには終わりはなし、という事で...

Practiceの語源などを見るとどうやら、昔は「練習」というよりは「実践的な練習」または「実践の継続」という意味あいがあったそうです。つまり、練習も実践のうちということです。よく本田圭佑や野球の鈴木イチロー氏も「準備が一番大切」と言っていましたが、世界基準の人は試合(実践)もそれ意外の時間も区別をしていないのかもしれませんね。

後は色々なお金の工面の方法についてお話しました。

ある技術や学問、そしてアート(芸術)を取得するには時間と金銭的な労力を要します。今回は「夜の仕事」です。

assorted bottle inside bar
Photo by Chan Walrus on Pexels.com

Accompaniment 付き添い
“I serve drinks at night” 「夜の飲食業」で働いています。

「コンパニオン」「キャバレークラブ」「ホステスクラブ」などは元々外国から取り入れた外来語ですが、そのカタカナ英語の意味は日本語化されています。色々な文化背景があるでしょうが、「男性が女性にお酒を注いでもらう仕事」があることはごく一般な西洋圏の方々は理解しづらいようです。男尊女卑的な行為ともとれるからでしょう。個人的にはこれらの職の良し悪しを判断する立場にないので、コメントは控えさせていただきますが、理解しにくいことであるということをご理解ください。

後は英語では5W+1Hはとても需要です。主語や目的語そして助詞すら省ける日本語を普段から使っている人は英語を話すときはこれらを含むことを意識するといいと思います。

5W+1H

Where  どこ
Who  だれ
Why  なぜ
What  なに
When いつ
How どうやって

以上です。

5月中にまた勉強会を実施できればと思っております。

Wafoo! いんぐりっしゅ(バーカーユミさんからの紹介)

バーカーユミさんにご紹介いただきました!

Yumiさんに紹介ブログを書いていただきました。Yumiさんは元々「サバイバル・イングリッシュ」というWafoo!いんぐりっしゅのインスパイア元となるような講座をされています。色々なゲーム性のある学習スタイルなども多く実施されているようで、英語以外の講座もあるようです。

私とYumiさんの間で共通認識は「日本人なら日本人らしい英語でかまわない」というスタンスです。世界に向けて一歩出れば、文法や発音の「正しさ」よりも「個性」や「元気(エネルギー)」が大切な気がします。ある意味この領域は、学校では教えられない状況だし、個々人で各々考えなくてはいけない…なので、Yumiさんはご自身の長い海外生活の体験から「必要最低限の英語」から学ぶことをお勧めしているコースを実施されています。

そんな中YumiさんにWafoo!いんぐりっしゅ の説明を書いていただきましたが、これがわかりやすい… 「WH後、留学後のリハビリとかブラッシュアップやリフレッシュにもぴったりですよ〜」と書いてありますが、その通りなんですよね。

img_6241-1.jpg

期間限定 伊豆 英語Boot Camp (Yumiさんに書いていただいた記事)

http://yumi-m-barker.com/2019/04/27/post-1404/?fbclid=IwAR3Fqvp5q0mweiuKM3449mmi7zx8V_i7uP-aU3Bogqc5kvJB9Oh2AbG1yLM

ブログには海外暮らし(オーストラリア、パース)の体験談なども書いてあり、とても参考になるかと思います。国内にいる私よりも「活きた海外」の情報が手に入るかもしれません。

バーカーユミのGLOBAL福ぶろぐ

http://yumi-m-barker.com/category/3/

是非ご覧ください。

 

Wafoo!いんぐりっしゅ セッション第二回

今日は「Wafoo!いんぐりっしゅ」 第二回でした。

雨天ということと、参加者も一人だったので、Skype講座と特別Wafooお試し面談をしました。

skype1

Skype面談: “Comfort Zone”と”NOT Comfort Zone(俗に言うChallenge)”のこと

現代社会に於いては 「成長・成功したかったら、Comfort zoneから出よ!」というアドバイスを良く聞くようになりました。実は英語に関しても同様なことが言われていることが多く、「なるべくComfort zoneから出て、実践を踏みなさい!」的なアドバイスをする方がたくさんいます。

そもそもComfort Zoneとは何か?

Comfort Zoneとは‟自分がComfort =安心 を感じる Zone = 場所、領域”です。つまり、普段自分がやり慣れていることのことを指すのでしょう。下の記事を読むとわかります。

コンフォートゾーンとは何か? そこから抜けだし成長するための近道は

ブログ内容を見るとわかりますが、一般的に何か「学び」があるためには普段の自分が安堵感を感じる「Comfort Zone」から出た「Panic Zone」の少し手前の「Learning Zone」で一番の学びが得られるとされています。私もある程度、同感です。また、日本国内でも最近は通説的な考え方になってきたと思います。しかし、これは本当に効果があるのでしょうか?

ずっと、気になっていて、実は最近一つ気がついたことがあります。それは「日本人の多くの人は実はComfort Zoneを出て Learning Zoneに入った後、またComfort Zoneに戻る必要がある」ということです。実はこれは日本人の「反省する」という特性にあります。

blur-dark-furniture-1532775.jpg
日本の「反省=自己否定」意味をすることも少なくない

小学5年生の頃、私はアメリカに住んでいました。それまで日本の小学校に行ったことがなかったのですが、何かの縁で、その夏1か月間だけ日本に住んでいる同い年のいとこと同じクラスで日本の小学生体験をすることになったのです。個人的に漫画などを介して、日本の小学校生活はなんとなく想像がついていました。(「ぬ~べ~」や「ハイスクール!奇面組」、「ろくでなしブルース」などの設定は日本の学校です) なので、一回確かに言ってみるのは良い体験だ、と言うのと従妹と同じクラスなので、すんなりと入っていきました。

小学校5年生の時の体験はとても楽しく。まだ、小学校3年生レベルで日本語の学習が留まってしまった私にとっても、なんとか周りのみんなに追いつけるレベルでした。学校の様子も面白いくらいに漫画を通して学んだような光景が続き、特にこれと言った問題もなく過ごせました。また、小学校3-5年生くらいはまぁ、世界共通で子供はみんな似たようなものです。多少の言語コミュニケーションができるようだったら楽しく行けます。自分のひとつ上の学年にもフランスから来ているリュック君がいました。全然自分よりも日本語力が劣っているのに、フランス人だからか、そういう性格だからか(笑)、随分威張っていた覚えがあります。しかし、彼も日本の学校生活を楽しんでいる様子でした… まぁ話はそれますが、一点だけやはり日本の学校生活で気がついたことがあります。それは「反省」という概念です。

日本の小学校の教育では一日の終わりの日誌などに必ずと言っていいほど「反省」を書きます。そして「反省」を重ねることで自分を確立させていく、ということ。確かによく聞いてみればそこらの大人が毎日口に出して「反省が…」「反省をすれば…」「反省…」「ハム…」などと言っています。それだけ日本では「反省」と言っているのです。

英語でも「reflection」「self reflection」という言葉あります。使い方は同じです。。。

 

 

bathroom-facial-expression-faucet-2043599
Self(自分を) Reflection(鏡をみる、省みる)、鏡のなかの自分をみるようにありのままの自分を見つめる行為です。

だが、しかし!ここでショッキングな事に気がつきました。

英語でReflection(反省)は「良い点」と「悪い点」両方を挙げる。日本語では「悪い点」のみ?

日本の学校では毎日それぞれの班に分かれて掃除をします。そして、掃除の後に班長がみんなを読んで「今日の反省」をしていきます。そして、最後にみんなで「もっと頑張りましょう」と言います。しかし、ここで一番ショッキングだったことが「今日の反省」は「今日できなかったこと」のみを書いていたということです。

英語で「Self reflection」というと大体、「良かったこと」「悪かったこと」を書いて、「ありのまま」を読み、判断することです。つまり50% 自分をほめる、ことと 50% 自分の改善点を探すことです。この2つがバランスが取れていないとうまく「反省」ができないはずです。

ところが、日本の公立小学校では「反省=改善するべき点のみを羅列」する作業のみであって、「良かったところ」がないのです。言い換えれば「悪い点の反省=改善(Change)するところ」、「良い点の反省=そのまま(Keep)するところ」を明確にする作業です。簡単に言えば、英語などの学習は積み上げの世界です。つまり、Changeも良いけど、Keepする努力なしでは積もるものも積もりません。たまには、自分で自分を褒めてあげて、どんどん「自分の英語」を積み重ねましょう。もちろん、学校や地域性によっては「反省=良い点と悪い点両方をあげて自分を見直す」という観点があるところは理解していますが、間違いなく「反省=改善点をあげるだけ」と小学校・中学校もしくは高校生活までも送ってしまった人がいることも事実だと思います。また、それによって、日本語の中の「反省」はどこか「自分を責める」と同じ意味で捉われがちにもなっていると思います。この点はreflectionという言葉に特段悪いことのみを挙げるという概念がない言語との比較をすると歴然とした差があり、それが積年の悪弊となって多くの日本人のこころをむしばんでいると思います。

そして、最終的に言うと、「Keepするための反省(つまり良い反省)」が少ない人はComfort Zoneから出ればでるほど、Panic Zoneに入り中々帰れなくなってしまう状態のことを指します。つまり、宇宙にスペースシャトルと自分をつなぐ命綱なしで出てしまっているようなものです。これでは、いくらなんでも大変です。 2013年の映画「Gravity」ではあのイケメン俳優ジョージ・クルーニーでさえ、命綱なしでは戻れませんでした(ネタバレ)。そうなんです、イケメンでも命綱なしの英語学習は危険なのです。それだけ「自分ができること」をどんどん把握していて、自己肯定感とともに「Keepするための反省」を通して「Keepするべき英語」の量を増やしていく必要があると思います。

20071445109_f4739b2bed_m.jpg
Panic Zone : 宇宙に命綱なしでいるような感覚 (NASA, 1984)

「Keepする英語」を把握しておくことは英語学習するときは常に「原点回帰」できることです。宇宙飛行で言えば、あたりまえのことですが、「宇宙浮遊する前に命綱をステーションと繋ぐ」ことです。

596px-Ed_White_performs_first_U.S._spacewalk_-_GPN-2006-000025
宇宙にでるときは命綱を (NASA EdWhite, Public domain picutre)

「原点回帰」をすることなくしては「英語という広大な宇宙」に呑み込まれ、永遠と終わりなき道をさまよう可能性があります。そのような事態を避けるためにも「自分なりの英語」というのを個人的な主観で大丈夫なので、定義する必要があります。そして、それを言語学習コーチなどをつけながら、一部分づつ纏めていく、という作業を行う必要があります。

さらに自分らしく話すために勉強仲間、コーチやメンターをつける、またはロールモデルを持つ

自分らしく英語を話す勉強をしたいのなら、やはり一人でやるより仲間や支援者とやった方が楽しいはずです。これは勉強友達をつくること一つですが、やはりコーチやメンターを付けることも良いのではないでしょうか?

adventure-casual-cheerful-541518
よろこびは一人よりも共有する相手がいると楽しい!

よく日本では「師匠と弟子」や「親分と子分」のような構図が好まれますが、コーチやメンターと持つ関係性は違います。どちらかと言えば、マラソンの伴走役やウェイトトレーニングのパーソナルトレーナーのようなものをイメージして貰えればわかると思います。苦難を共にして、一つ一つの苦難を共にして一緒に成長を味わう!また、同時にそのコーチやメンターも自分と同じような体験をしていることが好ましいです。つまり、自分がロールモデルとなるような人を探して是非色々な勉強の理解を深めていただければと思います。。。。

最後に、私は実は「英語を学ぶ」という観点からはあまり「苦労」をした覚えがなく、実は英語を苦手とする多くの日本人からは参考にならない点もあると思いますが、長年日本語が「ただの知識」だった時期がありました。これは日本に住みながらして10年程の間、私は「日本語で日本人の人と会話・対話」することができませんでした。これは全て「自分が相手に合わせていた」からです。この状況が劇的に変わったのは「自分の言葉として、日本語を話し始めたとき」です。それはある意味、日本語の会話のルールを守りながらも自分のバックグラウドを活かした論理構成や店舗を日本語の世界の中に組み入れたときに実現した経験があります。元々の思考能力が強い「英語的な思考」を日本語の世界観に持ち込んだときに実現したものだと思っています。また、同時にこれまで多くの日本語を母語とする方が日本語の世界観や「自分らしさ」を英語の世界に持ち込んだときに英語でのコミュニケ―ション、多く言うと異国の人に「日本語が持つ世界観や価値観」を紹介したときに起こるある種のシナジーのようなものも目の当たりにしてきました。そういう意味では、皆さんと逆側から入った視点を持ちながら、さらに日本語を駆使しながらアドバイスができるのではないかと思っています。もし、これを今お読みになって興味が沸いた場合はまずは是非ご一報いただけますと幸いです。

ろぶ・はしば

Wafoo! いんぐりっしゅ 第一回のレビュー

https://wafooenglish-bootcamp.peatix.com/

PSX_20190416_113749_2MB
Photo by RetireYoung (Former guest at The Other House)

この度、4月中旬から7月末まで期間限定で「Wafoo!いんぐりっしゅ」という新しいタイプの合宿を開催することにしました。日本語で言うと「合宿」「短期集中講座」「短期集中ワークショップ」、英語で言うと「Bootcamp」「Workshop(これは同じ)」「DOJO(道場の英語版)」のようなイメージです。

こちらの内容は過去2年間色々な人をコーチングしてきた結果の内容です。

第一回4月22日(土)@伊豆多賀 長浜ビーチは次のような内容のトレーニングをしました。

  • 「今」へのチューニング (会話する相手との状況の共通認識)
  • 英語に日本語の「言霊(ことだま)」を融合させるエクササイズ
  • Wafoo!いんぐりっしゅの心得一「自分向けの教科書をつくってみる」
  • 簡単にできるカタカナ発音から始める流暢な英語発声方法

参加者の方(2名)の希望により1時間弱のコースでしたが、たくさんの練習を積むことができたと思います。

IMG_20190420_183305.jpg
参加者のカフェ定員S・Uさん、ヨガ・インストラクターのS・Dさん。「Wafoo!」

 

英語に日本語の「言霊(ことだま)」を融合させるエクササイズ

手順:

  1. まず日本語で今いる状況を説明してみる。
  2. 「言霊が乗っている」日本語のフレーズの対訳となる英語フレーズを提案(講師:ろぶより)
  3. 2.で提案した英訳フレーズを心のなかで日本語を思い浮かべながら、口からは英語のフレーズを出す。 (今回はS.D.さん①日本語:「ウアーッと広がる海」、英語対訳フレーズ「the vast ocean」、S.U.さん②日本語:「自由な気分」、英語対訳フレーズ「I feel free!!」でした。)
  4. 4.フレーズを参加者全員が共感できるまで発声(その間コーチング)

このエクササイズを行うことによって、「英語をあたかも日本語のように表現する」ということを行いました。「え?」と思うかもしれませんが、英語であっても日本国で生まれ育っている人であれば、「日本語」を基準とした英語を話すことがいいのです。

自分のエスニシティや育ちのバックグラウンドを魅せることは+(プラス)

米合衆国の元カルフォルニア州知事であるアーノルド・シュワルツェネッガー氏も元はオーストリア出身の移民です。彼はハリウッド映画にたくさん出ていますが、全ての映画に於いてアメリカナイズされた発音をすることなく、全てとても”ヘビーな”オーストリア・ドイツ語訛りをしています。ファンの中の多くには、この移民らしく、独自な訛りやアクセントを残していることを評価されることが評価されることがあります。

ちなみに、シュワルツェネッガー氏のライバル的存在であるシルベスター・スタローンも活舌の悪さを売りにしています。「ロッキー」の映画で有名な台詞で「エイドゥリィあ~~――ん!」と叫ぶシーンがありますが、あれも英語的には少し舌が回っていないように見えます。シルベスター・スタローンは生まれつき舌があまり動かないらしいです。しかし、敢えて自分の弱みを全面に押し出すことによって、味を出て「ロッキー」という映画で世界中の誰もが顔も名前も空から思い出せるスーパースターになったのです。意外とアメリカではこの、生来からの特徴を独自の手法で伸ばしている人をきちんと評価する風潮があるように思えます。

 

(写真: アーノルド・シュワルツェネッガー Gage Skidmore [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)%5D、シルベスター・スタローン Georges Biard [CC BY-SA 3.0])

有名な日本人もエスニシティやバックグラウンドを活かした英語を話している

「ロッキー」繋がりですが、アメリカで認知度が高い日本人の一人、アメリカで日本食を一躍有名にしたBENIHANAレストランチェーンの「ロッキー青木」氏がいます。(ミュージシャン Steve AokiやモデルのDevon Aokiの父)ロッキー青木氏は日本ではさほど有名ではありませんが、実はアメリカで1980年代〜1990年代に一番有名な日系人だったのではないでしょうか。現在では子供も世界的なスターに登り詰めています。少なくともアメリカでは、彼が立ち上げたレストラン・チェーンの「BENIHANA」を知らない人の方が少ないくらいです。私も子供の頃、誕生日や祝い事がある度に「BENIHANA」に行きたがる友だちがいました。(この一見日本風のレストランに「本物の日本人」と一緒に行くことにステータスを感じていたそうです。)まぁ、アクロバティックあり食べ物が火を吹いたり米の入った茶碗が宙を舞ったりする、本場日本では流行りそうもないスタイルのレストランですが、米国では「BENIHANA」を好きになって「日本はすごい国に違いない」と思ってくれた友達はたくさんいます。(※また同時に日本に来たときにBENIHANAのようなレストランがなく、肩を落とす外国人の方も数々会っていました。)

ロッキー青木氏の動画がインターネットに落ちていました。(下の映像をご覧ください)も海外テレビのインタビューではある程度の流暢な英語を話すも、日本人らしい発音、そして態度を垣間見せるようなことをして、人気を得ていたように思えます。

少しビデオで様子を見てみてください。

 

 

みなさんも是非、「自分らしい英語」を追及しませんか?

「Wafoo!いんぐりっしゅ」の大きな軸の一つは「日本人らしさ」ですが、最終的な追及どころは英語を話すときの「自分らしさ」です。基本はグループ単位でのワークショップですが、個々に対して提案をしたり、受講後もどのようにボキャブラリーやフレーズを伸ばして行くかアドバイスします。参加希望の場合は引き続きPeatix経由で応募してみてください↓

https://wafooenglish-bootcamp.peatix.com/

また、お問合せも事務局メールアドレスをご用意しましたので、ご連絡ください。

Wafoo!いんぐりっしゅ事務局メール

wafoo-english@runbox.com

 

では、また次回まで(あわよくば講座にて)!

Wafoo!(わふぅ!)

いずぺん・いんぐりっしゅ 番外編:マッサージ・エステ業向けなど

もう早いもので伊豆に住もうと思ってから3年弱の時が経とうとする。この英語のセッションをはじめてから2年の時が経とうとする。

個別には1) 日常会話(というかは普通の人の対話力強化)のセッションと2) 業種別のセッションを行っている。もっと観光業に密接に関係する業種からの需要があるのかとも思ったが、意外とエステ・マッサージ・その他セラピーの依頼が多い。元々日本でも温泉街といえば「癒し」をイメージする。そういった意味では癒し関連の業種の人の方が英会話力(もとい英語対話力)が必要なのかもしれない。もちろんリスニング(傾聴)能力も必要になる。TOEICのゴマすり大人同士の対話文を勉強するだけではこの「対話」「傾聴」の能力はなかなか養えない。また、海外にもし留学したとしてもちゃんとインターンや仕事にでもつかない限りどんどん簡単な方法に向かってしまうことができてしまう。

いままで複数の方にエステ・マッサージで受けて頂いたが、どうやらその悩みは似たようなことのようだ。

特に「仰向けになってください。」「うつ伏せになってください。」「服を脱いで待ってください」などはさほど難しくなくても言い方が難しいようだ。

これからは月1-2回程度で開催する予定だ。

今後の告知などはMeetupまたはFacebookページでする予定だ。

いずぺん・いんぐりっしゅ : 初級&Casual Converstaions http://meetu.ps/c/3Hy9y/18hwH/d

いずぺん・いんぐりっしゅ

https://www.facebook.com/izupen.english/

4/5 マッサージ・セラピスト向けセッションより