TOP 10 Other Japanese Songs during City-Pop era

Chill-hop and Future-Funk, Vaporwave has popularized some of the more quirkier side of the Japanese music pop scene. Sense of nostalgia mixed with music styles hinting a prequal to the cyberpunk/technopop era seemed to have hit some hot spots on those who were Generation Z and Generation X. It seemed like the technological dystopia feared by fiction writers like Phillip K. Dick and George Orwell had finally come into fruition of reality.

There’s been quite a hype about an artist called “Mariya Takeuchi” and her song “Plastic Love”. Mariya Takeuchi was a powerhouse singer/songwriter in the early days of Japanese pop music scene, or now something we all know as “J-pop”. Before artists like Mariya Takeuchi, music in Japan seemed to be focused more on Folk music, Enka (Japanese equivalent of what you might call County music in America), and covers or mimic bands of American rock/pop bands (in the 60s “group sounds”, a mix style that sounded like Beach Boys meets the Temptations was producing quite some hits in Japan.)

Here are 10 “other songs” besides Takeuchi Mariya you might want to check out from the city-pop days.

  1. Yano Aiko featuring Kiyoshi Imawano 「ひとつだけ (Hitotsudake)」

2.YMO, Tong Poo

3. Kaze wo Atsumete, Happy-End

You can also check out other songs by the surviving members of the legendary band.

4. Yumi Arai “Ame no machi wo”

5. Char Smokey

6. Hosono Haruomi, Album: Hosono House

Personally First 4 solo albums by Hosono Haruomi (predating the YMO era) is just perfectly assembled concept albums released back to back. (Hosono House1973, Tropical Dandy 1975, Paraiso1978)

7. P-model “Art Mania”

Known for later solo works of Shinichi Hirasawa, P-model’s first album is techno-pop punk, released at the end of the devade in 1979.

8. Hikashu “At the turn of the 20th century”

9.DOWN TOWN Suger Babe

10. Furaibo- Happy End

Not the most popular song in the Happy End song list, but opening song for their last album.

New theme “About home”

Ever since I was small, I always had the natural tendency to befriend travelers and more so people who might consider themselves globe trotters, or once perceived as one.
People always come randomly into a page (or just a typical day) in my life and just wander off. You may not think of it as much, but in a country like Japan, let’s say 10 or 20 years ago, unlike today where virtually everybody is a nomad, traveling around the world wasn’t really the everyday norm. Each and everyone comes from different walks from life, and meet and greet with me as one of the many crossroads that they might pass through.

I also believe that I come from a distant place… I was actually born and raised in various place opposite of the globe from this humble sized island archipelago once called “wa” “yamato” “jioang” and most recently “Japan”. I know I grew up there, but along the years I even feel that I have come from even a distant place, like you’ve guessed it, another planet. It is just a notion, but that feeling comes and goes every now and then, even though it has been more than two full decades of living here.

Photo by Pixabay on Pexels.com

So this is actually the question that I wanted to ask. Am I the only one feeling this?  This forever continuing quest to find a place called “home”? I think that is one of the questions I will be asking to people I meet. “What is home to you?”  Some might say it’s a sense of belonging, just a mere reference point, and some might say it’s a way to define one’s origin. My easy answer here, is that this is probably a way to end our another endless debate — and this one is a dispute – of labeling each other according to race, ethnicity and skin color. In this day and age, it is becoming more and more difficult to define one’s “identity” but I believe it is much easier to define what is “home” to you. It might be physical place, it might be just the faint smell or even some odor that a certain place is giving off, but there are different angles to look at your “home” so much like who you are. This might be a starting point for many people to find that common starting point.

I also have another reason why I believe it’s important to talk about home. That is the possibly of our interplanetary migration. In all reality, we’re really not sure when it’ll happen, and most likely a speculative outlook is that most of us won’t even be living on Mars, or the moon, or whatever planet in our own life time… however in the years to come, being able to think of home…. Our planet earth… will give you motivation and reasons to live on that planet. My belief is that there’s probably more to life on Mars other than just “survival”. We’ll probably want to settle in and make a new home. Therefore, knowing “what makes home for you” is an important thing. See? This is pretty introspective…. In a sense. But this way you can get best of the two worlds; Now and the future. If you consider the past, that would be the best of three worlds.(wow!)

Photo by Anni Roenkae on Pexels.com

Over the next few weeks and possibly few months, this blog is going to make a shift into defining what “home” is and to do that, I’ll try to share with you some of the experiences I’ve had over the last couple of odd years.

Please make comments or contact me if possible, and may the future be with you.

Unrestricted

最近、ものの読み方だが、色々と知らない英単語に敏感になってきた。ただ、単純に知らなかっただけ、というパターンも多いが、今一度調べ直してみる必要がある言葉も多い。以外と使えているようで、微妙にニュアンスが違ったまま、理解したつもり何十年もその言葉を使うなんてことはザラにあり得るからだ。後は翻訳の仕事を始めると、実は普段英語を話すときは使うような言葉も改めて日本語に書き起こして見ようと思うと、「はい、どうやって訳せばいいんだろう?」と思うことがある。その中で今回出てきたのが、unrestrictedだ。

Unrestrictedとは「制限がない」、つまりなにかしらの制約によって束縛されていない、または雁字搦め(がんじがらめ)に合うような窮屈な状況では無いことを表す。

実は日本語で訳すと「『自由』て訳したらええやん」と突っ込まれてしまう勢いだが、ここは大航海でどんどんと世界中の領土を植民地化してしまった国々の言葉だけあって、束縛がない、制約がない状況を表す類語が非常に多い。あまりにも多く驚いた。たしかによく見ればそれぞれが少しづつニュアンスが違う。

英語では、束縛や統制という考えにもそれが受けて(束縛される方)にどんな影響を与えるか、などの考え方かたくさんあるという事がわかると思う。それに対して日本語ではこのコンセプトに纏わる言葉そこまで多くない…

最近類語を見て、色々な新しい言葉を勉強していますが、英語という言語と日本語という言語の特性などな垣間見れて、大変参考になる今日この頃です。

Memo: The Lost Graves of Louisana’s Enslaved People

アメリカはルイジアナ州での土地の保存の話。この9分程度の取材は色々な角度からこの題材を取り上げている。公共問題、奴隷問題、風習や歴史の保存。これらはたまたま近しい関係性にあるが、実はそれぞれはあまり密接的な関係性を持っていないような気がする。

日本に住んでいると、かつて奴隷だったアフロ系アメリカ人の色々な想いというのは尚更、複雑だと思うことがある。かつては先祖が過酷な労働を強いられていたが、今となっても子孫達はその土地に居残り、今度は大手企業による土地の開拓で自然や文化が壊されるのを阻止しようとしている… 心境についてはやはり本人達ではないとわからないものがあると思う。

色々とどのような関係性を持つかは理解することが難しいが、一点森林化した黒人奴隷の墓地を保存しようとしているところが興味深かった。奴隷が解放され始めてからほぼ200年が経とうとしている。日本でも古墳などを始め、神社(一部の寺)などの神聖な場所は先祖の墓地として使われていたことが多い。日本中でも神社があるところなどは土地としても標高が高い、地盤が固いなどの特徴があり、木々に覆われている。こういうところは国が違えど、歴史の深さに違いがあれど、同じ何だな〜と感心した。

ルイジアナ州はまだ訪れたことがないので、どこかで行ってみたいとも思う。

Quality vs.  Quantity  ☓質か量か → ○質か分量か

昨日ふとした事を考えていたときに気がついた事がある。あまりに驚愕な事実に気がついてしまったためメモをしたい。

21世紀的な考え方な台頭的な考え方として「質か量か」という議論がある。1850年頃から世界各地で始まった産業革命の影響で、我々人類は色々な物質的な「モノ」を作り始めた。これらの中には食品、医療、そして(最新)の技術が含まれる。今の世の中では「モノが溢れかえっている」という批判的な見方もあるかもしれないが、世界中にある程度の基準の技術を万遍なく行き届かせる事ができたという功績に繋がる。しかしそもそもこの英語での「Quality vs. Quantity」を「質と量」と訳しているが故にスレ違いが生じている。

(※別口だが、勿論、賛否両論はあるかもしれないが、私は「通信技術」に関しては一番の功績があった、と考えている。)

「質 と量」を英語に訳すと「Quality vs. Amount」である


Amountを「宿題」を題材に考えてみる。「宿題の数」というと、絶対的な個数や件数だが、「宿題の量」というと対時間だったり、対労力との関連性のより抽象的または相対的な内容である。

Quality の正しい訳は「分量」または数量


ともなれば、正しいQuantityの訳は「分量」または「数量」(もしくは「件数」、「案件数」、「売上」)だと。理由は「物理的に軽量できるか否か」というポイントである。そういう意味では「宿題の量」というのは計測が難しく、どちらかといえば主観が入っていると言ったほうが適切だ。

もし、「宿題の量」を言葉で表現するならば「一晩掛かっても終わらないくらい」や「手応えがない量」となる。これは英語のamountでも同じような感覚である。

一方、「宿題の分量」という考え方はどうか。もし仮に「宿題の分量」を言葉で表すと「50ページくらい」または「高さ5-6cmの教科書のうちの1cm強ぐらい」となる。この例文でも「~ぐらい」というアバウトな表現が盛り込まれているから本当の意味でもQuantityではない。本当の意味で適切なのは「理科5ページ、数学が3ページなど」などだろう。(因みに英語圏でもquanityの話をする時には「about 〜(大体〜)」や「roughly 〜(大雑把に〜、ざっと〜)」という表現が使われる事が多い。)

昔の人は「目分量」か好きなのは、実はこれは上記で記した「量」の枠組みに抑えたいからであろう。

Quality vs. Quantity の正しい訳は「本質と分量」


では、一番適切な「本質と分量」、良くて「質と分量」であろう。
日本のビジネスが平行線になってしまうのは「質と量(Quantity vs. Amount)」という2つの相対的な、似たもの同士を比較しているからなのかもしれない。

是非一度みなさんも、「Quantity」や「量」という言葉の使い方の比較をしてもらいたい。

以上