「思考より試行」、そして「思考の試行」

学生時代に受けていたゼミのような授業で講師のさんがおっしゃっていた言葉です。彼はいまや日本を代表するとあるオンラインマーケットプレイスの創設者の一人です。そのクラスも1学期のみしかなかったのですが、確か30人の参加者がいて、今でも尚時折集まる不思議な会合です。来月そのクラスの2人が結婚パーティーをする、というからまた不思議です。数えてみたらもうすでに14年前です。日本を代表する会社をまたたく間に立ち上げた経験をした後、すぐに教育へと転身したこの方のことばがとても分かりやすく、今でも「腑に落ちる」表現です。

時代の中で変化を起こしたり、新しいことに取り組む際のいい指針となる、誰にでも共有したくなるようなことばだと思います。

ちなみに彼は「思考より試行」の他に、「成功より成長」とも言っていました。2番目の「成功より成長」のところは正直、egotismがある私、または社会性をある程度保ちたい自分としては現時点で完全に同意することは難しいですが、困ったときに振り替えるのにはとてもいいことばだと思いました。

私も個人的に Experiment≒Experience 体験≒実験 という考えに達したのはどこか彼の授業で学んだこの言葉の影響があるのかもしれません。

また、いくつか余談です。

1)よく見てみると「試行」の同音異語の中には、「思考」の他に「嗜好」「志向」「施行」「至高」などがあります。どれも前向きですね。(「指向」という言葉もそうかな? じゃあ、「歯垢」は実はそんなに悪いものではない??)

2)英語にすると、思考は ideas, concepts, 試行は test drive, application, prototypingのような言葉かもしれません。 Application of ideas and conceptsという言葉もありますが、実は今の時代はApplication rather than just ideas and concepts(思考より試行)よりも、 Application of ideas and concepts(思考の試行)にちゃんとなっているのかもしれません。 スマホでダウンロードしているのも、実はアプリ、すなわちアプリケーション(application)です。これはダウンロードして、実際に実行している。けど、よく見ると大体の場合はみんなの「なったらいいな~」「できたらいいな~」のような思考やアイディアをを実現させているだけです。。。じゃあ、やっぱり今のわたしの理想はある意味、「思考の試行」の方がしっくりくるのかな、なんという風にも思います。

とりあえず、行動を起こしてみる、やってみる。正しく纏めるより、どんどん進める。 はじめの第一歩はやはり、そういうものなのかもしれません。

ろ・は

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s