いずぺん・いんぐりっしゅ in 熱海 Vol.3 レビュー

いずぺん・いんぐりっしゅ in 熱海 Vol.3 レビュー

本日も第三回の「いずぺん・いんぐりっしゅin 熱海」を開催させていただきました。何故、「いずぺん・いんぐりっしゅ」であるかと言うと、「いずぺん(izu pen)」はIzu Peninsula(伊豆半島)の略称です。つまり、「伊豆半島にあった英語フレーズ」などを考えるというのことが、主の目的です。しかし、必ずしもそうではなく、伊豆半島に現在お住まいのみなさん自身について説明いただきたく、お話しています。

 第二回につづき、1名+新しい方の1名で参加いただきました。今回は長年お知り合いのお二人に参加いただきました。基本英語学習は1対1の場合、または個人での勉強をする機会が多いですが、当手法ではグループで勉強するととてもわかりやすいです。

 前回につづき、今回は個々人がそれぞれよく使うフレーズや語彙を150個あぶりだす、という内容です。今回でた言葉などをいくつか紹介させていただきます。

Phrase, Sentence Structure

  • people are open-minded in Atami.
  • I recommend you
  • A lot of laundry
  • I like to dry laundry
  • washing dishes
  • How is Higashiizu?
  • How do you like Atami?

地元に関するポジティブな表現 ”people are open-minded”

特に「people are open-minded in Atami」というのは住んでいる地域を表すとてもポジティブな言葉です。日本では、比較的住んでいる地域のことは謙虚に説明することが多いですが、英語の世界では多少の「自慢」や「誇らしげに話すそぶり」もOKです。そんな意味で気さくで話しやすい熱海の人の人柄を表すこういう言葉は良いと思いました。個人的にはも外国人から見て伊豆の人は人当りがいいんじゃないかと思うので、とってもIzu らしい表現ですね。

毎日の家事(Daily chores/daily house chores)に関する言葉

  • 誰しも生活に於いては何かしらの家事をやります。今回は washing dishes(皿洗い)、
  • dry laundry (洗濯物を乾かす)、などをやりました。

コミュニケーションや rapportをつくるときに有効なのはやはり、「共感」。家事をやることは万国共通だと思います。是非家事に関することばについては学んでいただければと思います。 

Vocabulary

  • traffic
  • confectionery
  • chore/house choure
  • so so / from time to time
  • to fold (たたむ *洗濯物や紙など)

Punch-lines

  • Badass ちょいワル、ワル (*Slang表現です。)
  • Let’s shake left hands man, it’s close to the heart. (“Jimi Henrix”の名言、とのこと)

その他 便利フレーズ What do you mean by “____”? 

  • What do you mean by “____”?   ”___”ってどういう意味ですか?

英語をネイティブや話慣れている人と話すと、どうしても「聞きとれない場合」そして「言い回しが“黒っぽ過ぎる”場合」というものがあります。つまり、あまりにも英語がネイティブ風なため(日本の教科書に載ってはいなく)わからなくなってしまう、ということです。このような場合は臆せず聞いてみましょう。

理由はいくつかあります。

  1. 英語の言い回し(スラングや格言)は地域性もあるし、年代によっても違う。よって、英語を勉強していたからと言って、その同じフレーズに巡り合えるとは限らない。(伊豆半島に来た外国人が「うまいらー?」という日本語を初めて聞いたとする。その時に「らー?」ってどういう意味ですか?と聞かないと、他の地域では一生同じ日本語には巡り合わないかもしれない。)
  2. コミュニケーションをする、という意味では相手側(ネイティブスピーカー)も英語をシンプル化しても問題がないと思っていることが多い。*そもそも日本語のように均一化された「標準語」などがないため、英語でのコミュニケーションにはズレが生じやすい。
  3. わからないまま会話を続けるよりは、ある程度明確にした方が双方にとってよい。

聴き方は簡単。例えば話している相手のネイティブ・スピーカーさんが「It’s a piece of cake!(簡単さ!/ちょろいもんさ!)」と言ったが、うまく聞き取れなかった、またはそのpiece of cake という表現の意味がわからなかったとします。その時は次のように聞けば大抵、意味を教えてくれます。 “Excuse me…. but I want to ask you….. What do you mean by “piece of ($”#””) “…?”

この場合はpiece of cake ということが全て言えていなくても大丈夫です。大体の英語圏の国では長年色々な国からの移民を受け入れているため、non-nativeスピーカーと話す経験は大体の人があります。よって、non-nativeならnon-nativeらしく、わからないことは恥ずかしがらず聞く癖をつけましょう。(もちろん、みなさんの御心配の通り、聞き過ぎると迷惑なんじゃないか、と思いますが、日本スタンダードからすれば聞いても問題ありません。)

いかがでしたでしょうか?もし興味がある場合、次回は2月8日(金)、及び3月15日(金)の予定です。是非起雲閣に一緒に英語を学びにきてください。

Meetup.com 及び Facebookでイベント参加可能です。(Meetup: 2/8 http://meetu.ps/e/GkYpy/18hwH/f, 3/15 http://meetu.ps/e/GkYlW/18hwH/f)

you_rock profile_pic2
“See you at the next Izu Pen English Sessions!”

以上。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s