メモ:かつて流行った「NOVA」

メモ:かつて流行った「NOVA」

ふと思ったが、15年から20年前に「駅前留学」という形態の英語教育が流行った。その代名詞とも言える「NOVA」は英語アレルギーだった日本人に「英語は身近もの」だと思わせまた、日本と世界との距離を再度小さくしたような気がする。

実は10年程前東京から縁のゆかりもない、名古屋へ転勤したとき、ひょんなところから、ALTやNOVAの教師経験がある人達と話す機会があったし、そこの生徒たちとも多く知り合っている。彼らの多くは意外にも今では起業家だったり、国内外の大手企業で一流の翻訳者などとして活躍している。一度、悪名高くなった「NOVA」だが、

ちなみにラテン語的に「NOVA」は「新しい」、それも「(神秘性を含んだもの)」という意味合いがある。別に意味では「星」という意味だ。そういった意味では、「NOVA」は日本各地どこの街にも普及してしまい、すでに「NOVA」ではなくなってしまった。ちなみに、「NOVA」の反対語はさっと調べてみたが、見当たらないので、多分「supernova(超神聖)」という言葉が表すように、突如現れ、はかなく散っていくのが運命だったのかもしれない。

そういった意味では私のやっていることも「NOVA」のように扱われることが重々にあるということだ。個人的にそう「はかなく散れる」か、という自信はないし、柄でもない気がするが、一度NOVAに通って再度「リベンジ」を果たしたいという人がいれば是非今英会話コーチングを受けてつけているので、小職までご相談いただきたい。

 

Supernova ESO/L. Calçada [CC BY 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by/3.0)%5D

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s