中国の禅(Ch’an)と日本の禅(Zen)の違い

日本への旅行者、特に西洋圏の人から人気があるものといえば日本の禅の文化だ。

アメリカでは故スティーブ・ジョブスなどもZenメディテーションに、ハマっていたと言われている。

しかし、意外と知られていないのが、日本の禅(Zen)と中国の禅(Ch’an)の違いだ。微々たる違いではあるが、元はインドにいたブッダ(またはその派生の弟子)から伝わってきたものはどうやら、認識が違うらしい。また、日本では禅は出家した侍などに人気があったのに対して、中国やインド・ネパールでは、武族ではなくそれ以外の人が出家する方が多い印象がある。

下記は海外の人からの中国の禅(Ch’an)と日本の禅(Zen)の違いについて書いたポストである(英語)。

内容は大方自分の認識と合っていたが、下記考察で足りない事と言えば日本は江戸時代、そして明治時代及び第二次世界大戦時に朱子学(英名:Neo-confucianism)と、軍事制を取り入れた事だ。これによって、中国での禅では「公案」を中心して、日本に於ける禅は「Silent Enlightenment(日本語で言うところの「瞑想」に近い概念)」を中心としている、と考えている。

個人的に主観ではアメリカ英語を話したい場合は禅(Ch’an)、ヨーロッパの言語、またはイギリス英語を話したい場合は禅(Zen)をベースにすれば良いのではないかと思っている。ピンと来れば下記記事に目を通して頂けると幸いだ。

The Differences Between Chinese Ch’an and Japanese Zen in a Nutshell

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s