Quality vs.  Quantity  ☓質か量か → ○質か分量か

昨日ふとした事を考えていたときに気がついた事がある。あまりに驚愕な事実に気がついてしまったためメモをしたい。

21世紀的な考え方な台頭的な考え方として「質か量か」という議論がある。1850年頃から世界各地で始まった産業革命の影響で、我々人類は色々な物質的な「モノ」を作り始めた。これらの中には食品、医療、そして(最新)の技術が含まれる。今の世の中では「モノが溢れかえっている」という批判的な見方もあるかもしれないが、世界中にある程度の基準の技術を万遍なく行き届かせる事ができたという功績に繋がる。しかしそもそもこの英語での「Quality vs. Quantity」を「質と量」と訳しているが故にスレ違いが生じている。

(※別口だが、勿論、賛否両論はあるかもしれないが、私は「通信技術」に関しては一番の功績があった、と考えている。)

「質 と量」を英語に訳すと「Quality vs. Amount」である


Amountを「宿題」を題材に考えてみる。「宿題の数」というと、絶対的な個数や件数だが、「宿題の量」というと対時間だったり、対労力との関連性のより抽象的または相対的な内容である。

Quality の正しい訳は「分量」または数量


ともなれば、正しいQuantityの訳は「分量」または「数量」(もしくは「件数」、「案件数」、「売上」)だと。理由は「物理的に軽量できるか否か」というポイントである。そういう意味では「宿題の量」というのは計測が難しく、どちらかといえば主観が入っていると言ったほうが適切だ。

もし、「宿題の量」を言葉で表現するならば「一晩掛かっても終わらないくらい」や「手応えがない量」となる。これは英語のamountでも同じような感覚である。

一方、「宿題の分量」という考え方はどうか。もし仮に「宿題の分量」を言葉で表すと「50ページくらい」または「高さ5-6cmの教科書のうちの1cm強ぐらい」となる。この例文でも「~ぐらい」というアバウトな表現が盛り込まれているから本当の意味でもQuantityではない。本当の意味で適切なのは「理科5ページ、数学が3ページなど」などだろう。(因みに英語圏でもquanityの話をする時には「about 〜(大体〜)」や「roughly 〜(大雑把に〜、ざっと〜)」という表現が使われる事が多い。)

昔の人は「目分量」か好きなのは、実はこれは上記で記した「量」の枠組みに抑えたいからであろう。

Quality vs. Quantity の正しい訳は「本質と分量」


では、一番適切な「本質と分量」、良くて「質と分量」であろう。
日本のビジネスが平行線になってしまうのは「質と量(Quantity vs. Amount)」という2つの相対的な、似たもの同士を比較しているからなのかもしれない。

是非一度みなさんも、「Quantity」や「量」という言葉の使い方の比較をしてもらいたい。

以上

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s