「旨味(umami)」のある人生

先日のAnothony Bourdainの死去に影響されてなのか、わからないが、最近自分の周りでは「食」に纏わる話がとても多くなってきた。

実はある程度好きで、現代風の自己啓発や哲学を勉強したり、それらをyoutubeなどのストリーミングで共有しているアーティストや個人の作品をよく好んでみる。やはり時代は移り進み20世紀で主導だった人生哲学と、21世紀以降で求めらるそのものでやはり違うのかもしれない。 前回のブログポスト 中高生は意外と大人❓ でも書いたのだが、今後の21世紀で我々に求められているのはやはり「人間力」それも多くに「アート」「気品」「品格」、そして個人的に好きな江戸っ子風味(ポップな)のある表現だと「粋さ」のような気がする。

また、「苦難あり」「山あり谷あり」の人生が主導だったものも、「人生の味」で表現したりすることが主導になってもいいのかもしれない。英語でも「flavour of life」と表現してもまぁまぁ、それこそ、「いい味が出る」と思う。

人生甘い味ばかりでは困る訳でたまには「渋み」や「苦味」も欲しい。これはそれぞれの「体験」にまつわる表現の仕方だ。また、場合によっては一つの体験にも複数の味が複雑に混ざり合うし、その時その時で味の嗜好も変わってくる。特にこれは療養の時期には持ってこいの話であって、やはり疲れているときや心身の健康のバランスが損なわれているときはそのとき相応の「食べ方」がある。腹八分目、野菜中心、よく噛む(咀嚼する)、ありがたみながら食べる、などである。これは千差万別であり、たまには「嫌になる程ドカ食いする」などかもしれない。(自分もたまにそうなってしまうことがある、これはいいか悪いかはまだ精査中)

それでも 「死んでしまうほど食べてしまう」というのは本末転倒であり、なかなか人間はそれをすることが難しい。だから人生のボリュームもある程度「自分の許容範囲」「自分が美味しく食べれる程度」にしておきたい。昔、会社の先輩と同行中、1時間の間に接待と自分達の昼食をダブルブッキングしてしまい、昼食(それも大盛り)を2回食べることになってしまった。一つはうまい立ち食い蕎麦と、もう一つはまぁまぁいい値段の韓国料理だったが、入社一年目、それも6人の取引先の方を接待しながら、慣れない仕事の話をする、というのは自分には荷が重すぎた。2回目の接待のときに先輩に「若いからいくらでも食べられますよー!」というプレッシャーに負けて、吐き気を催しながらも笑顔でなるべく2千円近くする大盛りの石焼きビビンバを食べたのを覚えている。今でも思うと、それから数ヶ月(いやもしかしたら1年間以上かもしれない)お腹いっぱいになり過ぎ、不思議とひきづっていたような気もする。しかし、自分は生い立ち的になのか、元々の性分的になのか、常に人に勧められて「お腹いっぱい」になってももはや気持ちなることが少なくなってしまったため、気がつかないうちに同じように人に同様のことを共有することになってしまったのかもしれない。。。 これは避けたいが、、、人ぞれぞれ食事をするときに食べたい「量」や「味」、「スタイル」などがあるのと同様、人生の「味わい」についても同様のことが言えるのかもしれない。できれば毎回ご飯を食べ終わった後に形はどうであるにせよ、「ああ〜美味しかった」などと言ってみたい。

日本語はこう言った意味ではとても多様かつ「バランスの取れた」味わいの表現方法があると思います。もし英語で表すと、個人的な印象としてはイギリス英語も同様な「味わい」の深みを表現しているような気がします。現代の日本語は全体的には「ほんのり甘い」とすれば、イギリス英語は「ほんのりと苦味・渋みがある(ビター,bitter)」だと思います。もちろん、いイギリス英語でも「甘さ」は表現できますが、少し自分勝手な解釈をすると、ちょっと味が薄く、ボロボロなブルーベリーマフィンのようなイメージがあります。。。もちろんこれはこれで食べると美味しく感じます。笑

 

最近ビーガンやベジタリアニズムの「主義性」も流行っているし、地球に居させていただいている我々としては、こういうチャレンジをするのはいいと思います。いずれにせよ、その時、その時、で自分が欲しい「味わい」を楽しむことことが今後は重要なのかと思います。

 

※ 乱雑なメモ調の為、後で修正すると思います。

以上、忍々

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s